しがないボカロPの語り場。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、敵情視察という意味も含めて前より人のボカロ曲を聞くことが多くなった。
そこで思ったバランスという話を一つ。


まず、曲を作っているとAかBか、もしくはCやDやEやFのどれを選択するかという状況に常にさらされる。
「次のコードはAかF♯mか」や「シンバルは1拍目でピッタリ入れるのか少し食い気味で入れるのか」といった具合に。

そのどれを選ぶかが製作者のセンスなのだが、この時に無意識にでも考えているのがバランス。
例えば「この曲ドラムが目立ってて格好いいね」と言われる曲でも、ドラムがメインボーカルの倍の音量で鳴ってるなんてことはない。
それこそがバランスであり、普通はドラムの音量を可能な限り上げたいと思ったら他の楽器の邪魔を決めないギリギリのラインを探すのだ。

ただ、これがボカロ曲ないしはニコニコでの話になるとドラムがボーカルの5倍であっても面白ければ許されるのだ。
そう、極端な話ボカロ曲にはなんの制約もない。

むしろボカロ曲で人気があるものは、この既存の制約をぶち破ったものが多い。
そりゃそうだよね、形にハマったものはCDショップに行けば腐るほど並んでる。
だからお約束を外したものが聞けるというのがボカロの強みの一つだし。

これは作り手側にするとありがたいことで、本当に自由にやりたいことが出来る。
それは作り手側の最大のメリットかもしれない。


ただ、一方でお約束というのは先人たちが築いた財産でもあるんだよね。
今までのお約束を外してまでやったことは、今まで誰もやれなかったわけではなくやらなかったことかもしれない。
正直奇抜なことをやり過ぎて音楽的に気持ち悪くなってる曲さえある。
でもコメントを見ると「今のドラムのフィルイン格好いい!」とか流れてたりする。

そしてニコニコのメイン層と言われる若い世代は分かりやすく奇抜なものを好むという傾向があるのも更に話をややこしくする。


別に奇抜な曲が悪いと言いたいわけでもなく既存のお約束にハマるべきではないと言いたいわけでもない。
結局全てはバランスなのだな、と。
聞いていて良いと思う音楽はこのバランス感覚が非常に優れている。
既存曲にとらわれない新しいことをしてるのに音楽的に破綻せず嫌味もないものを作れてしまう人がいるのだ。


まぁ結論としては、新しいことを受け入れてくれるニコニコとかボカロ曲ってやっぱり面白いなってこと。
でもその土壌の上で何を表現するかは後は作り手のバランス感覚次第。

いつか自分もそんなバランスがよくとれた曲を作れたと思うのでした。

終わり。
ということで昨日四作同時にアップしました!



そこで、完全自己満の曲解説いきます!



【あの映画のラストシーン】

この曲は前にちょっとブログには書きましたが、曲自体が出来たのは今年の6月の終わり頃です。
なんとなしにギターを弾いてたら出だしの「あれ、なんか変わった?」というフレーズが浮かんできたんですよ。
その後はもうそのフレーズに引っ張られるまま作りきるまでは早かったですね。

ちなみにこの歌の中に出てくる“あの映画”は架空の映画なのですが、後から考えると北乃きい主演の幸福な食卓という映画を無意識にモチーフにしてたように思います。
まぁ内容は全然違いますが、別れではなく別れのその後に重きを置いたという点で。

それとこの曲は僕のZOLAデビュー作でもあります。
前から男性ボカロは使いたかったのですが、ZOLAを選んだ理由は単純に1パッケージで3人の声が入っててお得だったからですw
曲を作る時には大体最初のデモの段階では自分で仮歌を入れることが多いんですが、やっぱりそれをミクちゃんに差し替えると違和感があることも少なくないんですよ。
そりゃ可愛さが全然違いますから。

ということで今後はZOLA使いのボカロPとしてもよろしくお願いします。




【Bye-Bye lover (SAIGON ver.)】

この曲は言わずもがなsamfreeさんの名曲のカバーです。
元々はかなり昔にインストでカバーしようと思ってオケを作ってたんですが、リズムトラック作ったくらいで飽きて見事にお蔵入りしてましたw
で、先日HDDの整理してたらそのプロジェクトファイルを見つけて聞いてみたら割と悪くない出来で。
あとは当時の自分からバトンを受け取り、上物を足して現在の形になりました。



【これから】

この曲は今年の年明けくらいに出来た曲で、アルバム制作のきっかけにもなった曲です。
全然違う曲を作ってた時に息抜きでピアノ弾いてたらパッとメロディが出てきて、歌詞も曲もアレンジも歌入れも全部同時進行でガーっとやった記憶があります。
確か今の完成形とほぼ変わらないデモが出来たのがそれから3日後とかだったはずなので物凄い集中力だったと我ながら思います。

ちなみにZOLAバージョンはこちら

歌詞は女性目線の男女の友情の危うさとか、微妙な心理を上手く表現出来たんじゃないかと。
で、この曲書き上げた時に「俺はなんて女心が分かる男だろう」と自惚れてたわけですよ。
そしたらその夜彼女から、音楽に集中し過ぎてて連絡を一切しなかったせいで「あんたは女心が分かってない」とメールが来ましてん。

女心、やっぱ難しいです。



という訳の分からない締め方で終わりますw
さて、近いうちにまた動画を投稿しようと思ってます。


しかも今回は三曲同時発表!


今回はカバー曲やったりミク以外のボカロを使ったりと初挑戦のことばかりです!

乞うご期待!


...ただ、動画が絶対に追いつかないw


ということで告知していた「Re:夏の匂い」をうpしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24188963

この記事では夏の匂いにまつわる色んな事を勝手に解説します。
長いので読むのは気になる項目だけでもいいですよ。


【原曲について】


最初にこの曲をうpしたのはもう五年も前なんですね。
当時は色々と余裕がなくて、追い詰められたように曲を作っていたことをよく覚えています。
ちなみに動画のコメントに「エロゲソングにありそうw」「エロゲソングと同列に語るな」というやり取りがあったんですが、実は前者の方が正解ですw
確かクラナドだったかな?
完全にエロゲに影響受けて作った曲ですw

で、今回はあの頃よりは大人になった自分がアレンジし直したらというコンセプトで作り直しました。

【タイトルについて】

今回、Re:という言葉を頭に付けましたが
これはリアレンジという意味と原曲への今の自分からの返信という意味を込めてます。

でもこの格好いい理由は後付けで元々はクラムボンのただのパクりですw

【SAigon Projectについて】

今回から動画の頭にロゴみたいなものを流すことにしました。
まず、プロジェクトと銘打ってますが作業者は曲作りから動画まで基本的には僕1人です。
ただ、今回動画に詩を流したように今後も何かと人の手を借りることもあるだろうということでプロジェクトという単語を付けました。

それと、SとAとPだけ大文字になってるのにも意味がありまして
「SAP」とは軽い挨拶で使うみたいで日本で言うと「よぉ、元気?」的な感じですかね。
動画の最初に「よぉ、元気?」ってなんかいいなぁと思って。
後はSAPにはバカとかマヌケみたいな意味があるのも素敵。

あっ、それとこのロゴのフォントは自分がメインで使ってるシンセの画面に表示されるヤマハ製のフォントなのもこだわりポイントです。

【サトイチ氏について】


今回の曲の1番盛り上がるところで画面に流れる詩。
動画説明文なんかには書きましたが、あれは僕の書いたものではなくサトイチさんというネット上で詩を
発信している方のものです。

この方の詩は以前から読ませてもらっていて、実はこういう形でコラボ出来ればといいなぁとずっと思っていたのです。

今回、夏の匂いの動画を作っている時にふとサトイチさんの詩を試しに簡単にスッと入れてみたの。
そしたらね、もうこの詩無しではこの動画は完成しないなぁと思って。

で、お酒の力も借りて、無理は百も承知でサトイチさんのブログに「これこれこういう者です。こういう形でこの詩を動画に使わせてもらえませんか?」と書き込んだわけ。
そしたら翌日返事が来て快く了承してくれてね。しかもそういうことならばと加筆修正までしてくれて。

本当に大袈裟じゃなく返事を打つ手が震えるほど嬉しかったなぁ。

この方の詩を、どこが凄くてこういうところが上手いと僕が説明するのは余りに野暮なので是非とも皆さん一度ブログ見てみてください。

「麹町ラプソディ」
http://koujimachirhapsody.blog.fc2.com/


【off-vocal ver.について】


今回、初めてオケだけの音源を公開しました。
これは言わずもな、歌ってみた用に用意しました。
人によって考えは様々みたいですが僕は歌ってみた支持派です。
ぶっちゃけてしまえば、僕の曲はボカロが歌う必然性はないのです。
だから誰かに歌ってもらえればそんなに嬉しいことはありませんよ。

ただ、今回の曲は僕の曲の中でも一番高いw
女性でも歌える音域なのかは知りませんw
でもオクターブ下げだと多分男性には多分ちょうどいい高さだと思います。
歌詞の内容的にも男性が歌った方がしっくりかもしれませんね。

もし歌ってみたい方がいればどしどしチャレンジしてみてください。
off-vocal版mp3 → http://piapro.jp/t/yD8p



さて、ということで長くなりましたが久しぶりの曲の投稿だったので存分に語りましたw
既に次の曲の投稿の準備も始めているので、今回初めて僕を知った人も昔から知っていたという奇特な方も今後とも私SAIGONの曲を聞いてくれれば嬉しい限りです。
最初の記事にも書いたけど、今一番願うのは自分の曲を少しでも多くの人に聞いて欲しい。

そもそもボカロを始めた理由はそれ。

昔はバンドやったりしてて、そこで作詞作曲もしてた。

でもバンドメンバーは皆優しいから新しい曲持って行くとイイじゃん!って褒めてくれるんだよね。

ダメ出しがあってもやり口が優しいんだよ。

このままじゃおいら成長出来ないって思ってた。

何よりライブ活動してたわけでもないから曲作っても評価してくれる人も居なかった。


だからね、今ネットにアップして人に聞かせるために作業していることが凄く楽しい。

例えそれが何十人程度の人に一瞬聞き流されるだけだとしても嬉しい。


ただ、出来ることならば沢山の人に聞いてもらいたい。


ぼちぼちね、完成したものからニコニコに動画あげていきます。

最終的には10曲程度アップするでしょう。

アルバムも出します。


そうすれば、何年も曲をあげていないこのしがないボカロPの知名度も多分上がると思うの。

それが2段階上がるのか3段階上がるのか、0.01段階なのかは分からない。

でもその時初めて僕の名前を知ってくれた人のために今ブログを書いています。


そして、今この記事を読んでくれている人にはどうか僕の動画に正直な感想をコメントして欲しい。

良い事でも悪いことでも自分の作品にコメントしてもらえるってのは嬉しいもんね。

それがして欲しくてニコニコに曲、あげてます。



ということで今夜「Re:夏の匂い」投稿予定です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。